読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDエンジニアのL2キャッシュ

ADHDの能力者。思いついたことが消え去ってしまわないようにキャッシュアウトする場所です。INBOX的な役割を兼ねているので混沌としています。

GTD初心者に告ぐ

はろーにまさんだよ

長年GTD環境を整えようとしては失敗し、失敗し続け、それでも少しづつそれらしいシステムを構築してきた僕ですが、GTD導入にあたっての障害について語ろうと思います。

GTDが何か知らない人はこの辺を参照してください。

15分で分かるGTD – 仕事を成し遂げる技術の実用的ガイド | 開発手法・プロジェクト管理 | POSTD

 

さてGTDを表現する言葉には色々有ると思いますが、今回あえて一言で説明するなら『全ての気になることを管理するための完全なツールキット』でしょう。

INBOXで気になることを漏れなく収集し、それをカレンダーやTODOリストで如何にスマートに管理・維持するか?そのための手法をまとめたものがGTDです。

さて問題は『全て』を『完全』に管理すること言うのが目標なわけですが、行き練りそれを目指すと破綻します。よくやるパターンですね、道具だけ揃えてうまく使いこなせないと。GTDはシステムうまく回れば最強のシステムになるであろうことが想像できます。

そしてシステム構築が面倒くさくなって本をそっ閉じするか、途中で飽きて兵どもが夢の跡になるわけです。

というか全部導入すると毎日のレビューとか面倒で先延ばしにしてしまうことが目に見えてますし、実際先延ばしして破綻しました。

人間はそう簡単に習慣を変えられません。

というわけでまともなタスク管理を指定内最底辺の諸君らのためにレベル別導入手順を書いてあげたのでありがたく読むと良いでしょう。

おい、お前に言ってんだよ後からこれを読む自分。

 

レベル0 タスク管理をしていない

我々の出発点にして最底辺です。「あれ、これ今日までだっけ?」「来週なんか有ったっけ? 」とか言い始めたらあなたはこのタイプ。

今すぐINBOXに頭の中身を吐き出して、Googleカレンダーに書き込みましょう。

締め切りも含めて全部カレンダーにまとめましょう。

GTDについて聞きかじったからと言ってあれこれ新規にリストを作るのは辞めてください。どうせ来週ゴミになってます。

とりあえずこれで一月運営してください。

といっても大体の人は手帳なりカレンダーなりスマホなりでスケジュール管理はしてるのでこのレベルの人はあまり居ないと思います。

 

レベル1 カレンダーのみを使っている

 「今日は何するんだっけ」「何から手を付けて良いのかわからん」というあなたはこのタイプ。TODOリストを作ってレビューしましょう。GTD的にいうとNextActionに全部突っ込みます。

 

まずは100均で不透明の下敷と付箋を買ってきて。やることを全部そこに書き出します。重要度とかでいい感じに並べれるもんなら並べていただいて構いません。

オシャレなタスク管理アプリを導入しちゃったあなたはProjectとかディレクトリとかややこしい機能は使わないように。頭が爆発します。

 

重要なのは毎日レビューすることです。

TODOリストは放置するとすぐ死にます。寂しがりです。ウサギさんピコピコです。

レビューは朝か晩のどちらか(会社用のTODOの場合は始業時・就業時)に行います。

個人的には晩のほうがおすすめです。

それぞれのタスクの内容が頭に残ってるからです。

 

TODOリストの運用ですが朝レビュースタイルではその日やること、夜レビュースタイルでは明日やることをまとめておくとかなり捗ります。

毎日レビューする習慣がつくまで2週間ほど続けてください。

 

レベル2 TODOリストとカレンダーでなんとか運用できている

「これって今どういう状態だっけ?」とわかんなくなるタスクがあるのでは無いでしょうか?

あればそれはGTDで言うところのプロジェクトです。

そのタスクは完了するまでに幾つかステップが必要ですね?

TODOリストをProjectリストとNextActionリストに分けましょう。

 

でも大概のタスクってどこまでも細かくわけられてしまうんですよね。なので以下のものをプロジェクトとみなすのが良いかと思います。

・その日に完了しない

・自分の作業だけではない

・途中結果によってやることが変わる

 

ProjectリストとNextActionリストを分けることで何が便利かというとProjectリストを眺めるとどれだけのタスクが同時に進んでいるか知ることができます。

しかし調子に乗っていくつもプロジェクトを立ち上げるとNextActionリストが溢れかえって破綻します。無茶しやがって

なので重要度の低いプロジェクトは凍結させてリストの下の方に追いやって、優先度の高い数個のプロジェクトだけNextActionを生成するのがおすすめです。

 

レベル3 ProjectリストとNextActionリストとカレンダーで運用できている

 

多くの場合これで十分じゃないでしょうか。

個人的にはそこそこ満足しています。

ProjectリストにもNextActionリストに入らないものは「いつかそのうち」リストに追いやってますがこいつを何とかすることでもっとスッキリしそうです。

それでは頑張っていきましょう。