読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDエンジニアのL2キャッシュ

ADHDの能力者。思いついたことが消え去ってしまわないようにキャッシュアウトする場所です。INBOX的な役割を兼ねているので混沌としています。

過労死が許されない5つの理由

巷はトランプが作ってるバカの壁で盛り上がっていますが、 知人が意識高い系な感じで記事を更新していたので、全然関係ない温めていたネタで更新です。

サムライとハラキリと過労死の国ニッポン。 その通勤の過酷さたるやアウシュビッツのトラウマでユダヤ人を戦かせ、 その労働時間の長さたるや。。。。まぁ色々データはありますが、あちこちが都合のいい統計を引っ張ってきてるので、データ分析は偉い人が勝手に盛り上がってください。

まぁプレイ時間99:99になっていただくのも、本人が自由なんでそれはそれで結構な話なんですが、死んでもらうのは流石にまずい。 観客アリーナ席からドヤ顔ダブルピースで『逃げ出さない奴の自己責任』『死ぬのは社畜、死なないのはよく訓練された社畜』『私の残業時間は5300です』『日本はワシが育てた』とか好き勝手言っていただくのも各々の勝手なんですが、自己責任で片付ける訳にはいかないですよという理由を少しだけ真面目に考えてみました。

1. 人を殺してはいけない

なんとびっくり初耳の人も多いと思うが人を殺してはいけないのである。

故意に人を殺した場合は殺人罪が適用され、過失の場合は過失致死傷罪が適用されます。

過労死でこれが適用されない理由はよくわからない。

民事だけで燃え尽きてしまうのかもしれないですね。

一番しょうもない理由

2. 社会秩序が維持できない

過労死するということはその手前の状態の人が相当数いるということです。

肉体的or精神的に限界を迎えた人が、関係者各位に自殺のご挨拶をすませて自宅でぽっくり死んでくれれば、企業も不動産屋さんも親戚一同あらあらうふふの最高にサイコな世界の出来上がりですが、死というのは突然にやってきます。

人が一人死ぬとというのは如何に無縁社会といっても本当に大事になります。

しかもいつどこで死ぬかわからないので電車が止まったりします。

精神的に追い詰められた人間が剣の舞で攻撃力がグーンと上がった!なんて事案も有るので、絶対無敵君以外は自己責任とは言えないと思います。

3. 労働の再生産が行われない

更に視点を高くすると、労働の再生産が断ち切られます。

労働は本来再生産されます。一日精一杯働けばもう労働者は労働力を供給できませんが、休息を取ることでまた働いて労働力を供給することができます。

そしてそれに必要な費用のことを労働の再生産コストと言います。

ゆうなれば電池を再充電するコストです。これがおよそ各業界の平均給料と同じくらいになることが分かっています。

しかし死んでしまったり精神的肉体的に破壊されると二度と労働力を供給できません。

そして組織ないの労働力が欠乏します。

こうなると組織は周囲から労働力を取り入るほかなくなります。

ちなみに生物学でも同様の振る舞いをして急成長する組織があります。がん細胞です。

4. 社会投資の破綻

さらに視点を広げて人1人の一生を見ていきましょう。

人間は何もできない状態で生まれてきます。

何もできない人間に対して周囲が将来を見据えていわば投資をしていきます。

これは直近では母親で、両親、家族、兄弟、地域、国家、場合によっては他国からも資金が投入されています。

その金額は先進国の高度な教育を受けた市民ならば一人辺り億単位に上るでしょう。

身内はともかく地域や国家が膨大な金額を投入するのは将来的にペイされることを期待しているからです。

しかし20代で過労死した場合、社会が期待を込めて投資した資金が社会に還元される前に摘み取られてしまいます。

それも一企業の私的な利益のみのためにです。

このような不平等が是正されないならば、残念ながら人を育てるのは不適当な投資と判断せざるを得ません。

合理的な判断を下すなら一切の教育関連機関を潰して優秀な労働者のヘッジハントに資金を回すほうが正しいことになります。

5. 経済停滞

さらに世代をまたぐ視点まで広げてみます。

まず労働の再生産サイクルが破壊されることで労働の再生産が行われません。

また過労死が存在するということは、その家計の労働力が一人分喪失するというリスクが内在するということです。

また死に至らなくても永久的に労働能力を簒奪されるリスクが存在します。

そのリスクが高まれば高まるほど、リスクヘッジに割り当てられる資金は膨らみ消費が鈍化します。

またリスク回避として労働しない過労死のリスクの少ない国に移転するという選択肢もあります。

まとめ

過労死は当人が死ぬだけでなくこれだけの悪影響を及ぼします。

当事者の自己責任ではなく司法に対する挑発であり、社会に対する略奪であり、国家に対する反逆行為であることを考えれば他人事ではないのです。

そして判断力が鈍る前に会社をやめましょう。

壊れ始めてる人が居たら拉致してでも辞めさせましょう。

訴えられればそれはそれで逆転裁判ごっこできるいい機会ですしね。一度被告席にも立ってみたいものです。

これより正義を実行する。

バカの壁 (新潮新書)

バカの壁 (新潮新書)

真空における電磁場の量子化① 古典場電磁場の基準モード展開

すこし本を読んでいてまとめたくなったのでまとめます。

読んでた本は以下です。

場の量子論〈第1巻〉量子電磁力学

場の量子論〈第1巻〉量子電磁力学

  • 作者: F.マンドル,G.ショー,Franz Mandl,Graham Shaw,樺沢宇紀
  • 出版社/メーカー: 丸善プラネット
  • 発売日: 2011/05
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

手続きとしては

  1. ベクトルポテンシャルを基準モード展開(フーリエ展開)する。
  2. 各モードの振幅に対して交換関係を定義し量子化する。

ね?簡単でしょう?

 

まずマクスウェル方程式のポテンシャル表示をします。

{
\begin{align}
\displaystyle{
\left(\frac{1}{c^2}\frac{\partial^2}{\partial t^2}-\nabla^2\right)\phi-\frac{1}{c}\frac{\partial}{\partial t}\left(\frac{1}{c}\frac{\partial \phi}{\partial t}+div{\bf A}\right)=\rho \\
\left(\frac{1}{c^2}\frac{\partial^2}{\partial t^2}-\nabla^2\right){\bf A}-\nabla \left(\frac{1}{c}\frac{\partial \phi}{\partial t}+div{\bf A}\right)=\frac{\bf j}{c}
}
\end{align}
}

ポテンシャル表示を使った場合、ゲージ条件を任意で一つ選べるんですが、次のゲージ条件(クーロンゲージ)を採用します。
{ div{\bf A}=0}

するとうまうまい具合にスカラーポテンシャルとベクトルポテンシャルの式が分離します。
{
 \begin{align}
\displaystyle{
\nabla^2\phi=-\rho \\
\left(\frac{1}{c^2}\frac{\partial^2}{\partial t^2}-\nabla^2\right){\bf A}=\frac{\bf j}{c}
}
\end{align}
}

今回簡単のため真空、つまり静電荷も電流も流れていないと想定する。
するとスカラーポテンシャルはラプラス方程式に、ベクトルポテンシャル波動方程式になります。

{
 \begin{align}
\displaystyle{
\nabla^2\phi=0 \\
\left(\frac{1}{c^2}\frac{\partial^2}{\partial t^2}-\nabla^2\right){\bf A}=0
}
\end{align}
}

まずはスカラーポテンシャルについて。
詳細な過程は省きますが無限遠点で発散しない解は次の解のみになります。
ラプラス方程式の解放でググってください。
{
 \begin{align}
\displaystyle{
\phi=0 \\
}
\end{align}
}

で、本命のベクトルポテンシャルについて。
境界条件として一辺Lで体積Vの立方体の境界で値が0になるという周期条件を果します。
この空間内でフーリエ級数展開するわけです。
ただしベクトルポテンシャルはその名の通りベクトルなので振動方向の任意性が有るため若干議論がややこしくなります。


まず正規直交基底を定義します。BaseなのでBとでもしておきましょうか。
方向の自由度は3次元あります。
{
\displaystyle{
{\bf B}_{{\bf k}s}\left({\bf r}\right)=\frac{1}{\sqrt V}{{\bf \epsilon}_s} \mathrm{e}^{i{\bf k} \cdot {\bf r}} \\
{\bf \epsilon}_s \cdot {\bf \epsilon}_{s'} = \delta_{ss'}  \ \ s=1,2,3\\
{\bf k} = \frac{2\pi}{L}\left(n_x,n_y,n_z\right)
}}


そうするとこんな感じにいい具合に方向と周波数両方で直行します。
{ \displaystyle{
\langle {\bf B_{ks}}, {\bf B_{k's'}}\rangle
 = \iiint_V dxdydz {\bf B_{ks}}\cdot{\bf B_{k's'}}
 = \frac{1}{V} \iiint_V dxdydz \left( {\bf \epsilon}_s \cdot {\bf \epsilon}_{s'} \right)
        e^{i \left({\bf k}-{\bf k'}\right)\cdot {\bf r}}
 = \delta_{s, s'} \delta_{{\bf k}, {\bf k'}}
}}


フーリエ展開の要領でAを展開してあげます。(基準モード展開)
{ \displaystyle{
{\bf A}\left({\bf r},t\right)
 = \sum_{r} \sum_{\bf k} \left(c_{{\bf k}s}{\bf B}_{{\bf k}s}+c_{{\bf k}s}^*{\bf B}_{{\bf k}s}^*\right)
 = \sum_{r} \sum_{\bf k} \frac{1}{\sqrt{V}} {{\bf \epsilon}_s} \left(c_{{\bf k}s}\mathrm{e}^{i{\bf k} \cdot {\bf r}} +c_{{\bf k}s}^*\mathrm{e}^{-i{\bf k} \cdot {\bf r}} \right) \\
c_{{\bf k}s}\left(t\right)
 = \iiint_V {dxdydz} \frac{1}{\sqrt{V}} \left({\bf \epsilon}_{s}\cdot{\bf A}\right) \mathrm{e}^{-i{\bf k} \cdot {\bf r}}
}}


ベクトルポテンシャルは物理量だから実数ベクトルであることに注意します。


ここでゲージ条件を忘れずに取り込みます。
ゲージ条件により方向の自由度は2に下がります。
{ \displaystyle{
div{\bf A}
= \sum_{s} \sum_{\bf k} \frac{1}{\sqrt{V}}
      div \left( {{\bf \epsilon}_s} \left(c_{{\bf k}s}\mathrm{e}^{i{\bf k} \cdot {\bf r}} +c_{{\bf k}s}^*\mathrm{e}^{-i{\bf k} \cdot {\bf r}} \right) \right)
= \sum_{s} \sum_{\bf k} \frac{1}{\sqrt{V}}
      \left( {\bf k}\cdot{{\bf \epsilon}_s} \right) \left(c_{{\bf k}s}\mathrm{e}^{i{\bf k} \cdot {\bf r}} - c_{{\bf k}s}^*\mathrm{e}^{-i{\bf k} \cdot {\bf r}} \right)
 =0 \\
      {\bf k}\cdot{{\bf \epsilon}_s} = 0 \ \ s=1,2
}}


これを波動方程式に放り込んで
{ \displaystyle{
\left(\frac{1}{c^2}\frac{\partial^2}{\partial t^2}-\nabla^2\right){\bf A}
 = \sum_{s} \sum_{\bf k} \frac{1}{\sqrt{V}}{{\bf \epsilon}_s}
      \left(\frac{1}{c^2}\frac{\partial^2}{\partial t^2}-\nabla^2\right)
      \left(c_{{\bf k}s}\mathrm{e}^{i{\bf k} \cdot {\bf r}} +c_{{\bf k}s}^*\mathrm{e}^{-i{\bf k} \cdot {\bf r}} \right) 
=0 \\

\forall {\bf k},s \\
      \left(\frac{1}{c^2}\frac{\partial^2}{\partial t^2}-\nabla^2\right)
      c_{{\bf k}s}\mathrm{e}^{i{\bf k} \cdot {\bf r}} 
=0 \\

      \left(\frac{1}{c^2}\frac{\partial^2}{\partial t^2}+\|{\bf k}\|^2\right)
      c_{{\bf k}s}\mathrm{e}^{i{\bf k} \cdot {\bf r}}
=0 \\

c_{{\bf k}s}\left(t\right)
 = c^0_{{\bf k}s}\mathrm{e}^{-ic\|{\bf k}\|t} \\
}}

結局ベクトルポテンシャルは以下のようになる。
{ \displaystyle{
{\bf A}\left({\bf r},t\right)
 = \sum_{r} \sum_{\bf k} \frac{1}{\sqrt{V}} {{\bf \epsilon}_s}
    \left(c^0_{{\bf k}s}\mathrm{e}^{i \left( {\bf k} \cdot {\bf r} - c\|{\bf k}\|t \right) }
 +c_{{\bf k}s}^{0*}\mathrm{e}^{-i \left( {\bf k} \cdot {\bf r} - c\|{\bf k}\|t \right) } \right)
}}


電場と磁場はそれぞれ
{ \displaystyle{
{\bf E}\left({\bf r},t\right)
 = -\frac{1}{c}\frac{\partial{\bf A}}{\partial t}
 = -\sum_{s} \sum_{\bf k} \frac{1}{\sqrt{V}}  \|{\bf k}\|  {{\bf \epsilon}_s}
    \left(c^0_{{\bf k}s}\mathrm{e}^{i \left( {\bf k} \cdot {\bf r} - c\|{\bf k}\|t \right) }
 -c_{{\bf k}s}^{0*}\mathrm{e}^{-i \left( {\bf k} \cdot {\bf r} - c\|{\bf k}\|t \right) } \right) \\

{\bf B}\left({\bf r},t\right)
 = rot{\bf A}
 = \sum_{s} \sum_{\bf k} \frac{1}{\sqrt{V}}  \left( {\bf k}\times{{\bf \epsilon}_s} \right)
    \left(c^0_{{\bf k}s}\mathrm{e}^{i \left( {\bf k} \cdot {\bf r} - c\|{\bf k}\|t \right) }
 -c_{{\bf k}s}^{0*}\mathrm{e}^{-i \left( {\bf k} \cdot {\bf r} - c\|{\bf k}\|t \right) } \right) \\

}}


ここで電磁場のハミルトニアン
{ \displaystyle{
{\bf H}
= \iiint{dxdydz}{\frac{1}{2}\left(\left\| {\bf E} \right\|^2 + \left\| {\bf B} \right\|^2 \right)}
= \sum_{s} \sum_{\bf k} 2 \|{\bf k}\|^2 c^0_{{\bf k}s}c^{0*}_{{\bf k}s}
}}

今日はこのあたりまでにしておきます。

振り袖祭り

成人の日ですね 諸般の事情から時間を持て余してスタバにやってきたわけですが、成人式待機してる振り袖が多数いらっしゃいました。 振り袖の可愛い子ちゃんの話・・・ではなく振り袖について書きます。

いい感じにまとめてあるサイトを見つけたので貼っておきます。 こういう情報はWikipediaより専門店の情報のほうが信頼できますね。

振袖の豆知識・歴史 ttp://xn--tor23w43pureb94a.net/%E6%8C%AF%E8%A2%96%E3%81%AE%E8%B1%86%E7%9F%A5%E8%AD%98%E3%83%BB%E6%AD%B4%E5%8F%B2/

ざっとまとめると * 振り袖が始まりは江戸時代 1804年ごろからオシャレ着化 袖氏時代とともに着実に伸びる *江戸時代の成人式から着てた模様

なんか江戸時代からあんまり風習変わってないですね。 HURISODEは結構伝統的なシャパニーズカルチャーのようです。 月並みな意見ですがこういうのは大事にしていきたいですね。

ところで袖はどこまで伸びるんでしょうか? 流石に裾よりは長くならないと信じたいですが、現実的なラインで止まるのかな? 答え合わせは100年後に致しましょう。

WebGLの勉強

WebGL

WebGLを少し勉強したので少しコードをコピーしてみました。動くかな

正しく動いたら白い三角形が回転しているはずです

ソースコードはこんな感じになります。

あけましておめでとうございます

戯言

新年あけましておめでとうございます。

3日だからまだセーフだよね?

はてなブログ今週のお題も「2017年にやりたいこと」なのでセーフセーフ

 

別に頼んでないけど突然いらっしゃった2017年、新年とはいつもそんなもんです。

平成も29年に入りました。明仁くんもこんなにおおきくなって。。。(不敬罪

 

怒涛の奇襲をかけてきた2017年ですが、備えあれば憂いなしかな、なんと2016年の間に目標設定をしていたのです。

今年の抱負というやつです。

おおなんと意識の高い、意識高すぎて意識が薄れてきた。。。。

まぁザックリこんな感じです。

 仕事:年間残業180時間以内

 技術:paizaのコードスキルAに到達

 物理:標準理論くらいは理解できるようになろう

 投資:去年の損失分を補填

まぁでも割りかし消極的な目標なのでそのうち変わるかもしれません。

またもう一つ秘密の目標もあります。

 

さてなんでこんな慣れないことしてるかというと↓のようなサイトが有りまして

sketch-life.com

意識高すぎて衛星軌道上に到達してる感じのサイトなんですが、いい感じに目標設定のイベントをやってたので乗らせていただきました。(イベントの参加者募集自体は終わってます)

せっかく目標立てたので達成できたらなぁと思います。

 

今年もよろしくおねがいします、ではありきたりなので

今年も逃げ切れると思うなよ、で締めておきます

倍増

テクノロジー

今日私の会社のPCのメモリが倍に増えました。

経緯としてはリース期限を満了したノートPCが返却になって、増設に使われていたメモリが回ってきたわけですが、それはともかく倍になったわけです。

倍!倍!倍!そのメモリ搭載量なんと!4G!

 

・・・・なんだ4GBか。

冷静になると虚しい。だって自宅のMacちゃんは8GBですから。

むしろ今まで2GBでどうやって頑張ってきたのかという謎も有るが、

まぁともかく倍増することによって圧倒的に快適な動作が、

 

やってこなかった。

あっそういうことね(察し

ボトルネックはメモリではなくストレージであったようです。

気持ち若干軽くなったかなと言うプラシーボ効果が得られたので良しとしましょう。

 

結論:SSDは偉大

 

大学時代にはすでにSSD搭載ノートを使っていましたが、改めて思い知らされた感じです。

なお自宅のMacBookAirちゃんは8GB+SSDという圧倒的スペックでありながらブラウジングぐらいにしか使っていません。

ああ、なんか衰えたな。

実年齢の話ではなく、こう最先端を追っかける心意気に関して。

ん〜こうもう少し色々書きたい気持ちはあったんですけど、何でしょう、大学時代から思ってましたが書くものがないんですね。

JavaでAA自動生成プログラムとか書いちゃったり、2chに自動投稿するスクリプト作ったり、自宅サーバーのSQLに接続する家計簿とか作ったり、色々やってみたものの、やり方さえ理解すればあとはなんか殺る気失うというか。

結局知識にしてしまえば飽きるというところがあるわけですよ。

(ちなみに今一番書いてみたいのはWebGLを用いた波動関数の描画)

 

相変わらずムーアの法則は守られて18ヶ月で性能は倍に増えているらしいです。

まぁでも性能として実感ができる時代は終わってしまったのかなと思います。

今のPCのにはなんでも出来るんです。スマホでも3Dバリバリ動くしね。

後は何がしたいかということ。

それが一番大事だけど一番難しいなと思う今日このごろという話でした。

ツール依存症

ライフハック

高名なMac向けGTDツールであるOmniforcusを買ってみました。

まぁ結論から言うと期待はずれかなって感じです。

このソフトの基本思想として

 

  全てのタスクはINBOXかプロジェクトに属す

 

というのが有るんですが、この辺が少しGTDの原則から外れてるかなーと思います。

タスクマネージャーとしては優秀なんですけどね。

愚直に原則に従って猫も杓子もセシウムもINBOXに突っ込んでる我が身としては、『プロジェクトではないもの』を入れておく箱がどうしても欲しくなるという。

Omniforcusはプロジェクトが3種類あって、その中の『単独アクション』というのがこの辺を一応カバーをしています。

単独アクションのプロジェクトって要は『タスクの集合』なのでプロジェクトではないんですけど、こいつを使えばプロジェクトに属さないタスクはコントロールできるかなと。

ただそれ以外はなかなか管理するのはやりにくいですね。

それ以外というのは

  • 『いつか/たぶん』
  • 高度2000m以上の視点

いつか、多分に関しては要はやるべきではない情報なんで直ちに人体に影響はないんですが後々やるべきことに変化したり、ボトムアップで高い視点を得るときに役に立ちます。なので週に一度ぐらいレビューすべきなので専用の箱を用意して投げ込んどいてあげたいんですが、入れる場所がない。対策としては先の単独アクション型プロジェクトで囲ってあげてレビュー日まで先延ばし扱いしてあげることで解決可能。

他にも色んな人は色んな形で導入しているようです。

 

2000m以上の高度のタスクというのは端的にいうと目標とかなんだかんだで、プロジェクトの上位の概念なのですが、フォルダとは少し違うんでうね。。。

あと個人的にネスト深くするのは嫌いなのでフォルダは使わないことにしました。

これは私見なのですが、人間が一度に理解できる階層は3つが限度だと思っています。

アクションとプロジェクト、 あと仕事とプライベートの区別で3階層です。

これ以上深くしてもアクションが見えなくなるので必要なときにゆっくり腰を据えて処理すべきです。

 

まぁ今回のオチとしましては、ツールはツールであるがゆえに単なるツールでしか無いということでしょうか。手段は提供してくれるがどう運用するかは使う人次第という当たり前の結論で締めようと思います。